ちょっと一息して考え事してます。

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

間に合うかどうか不安だった企業さんのお仕事が、昨日無事納品が終わり、ちょっと一息ついています。

 

ただ、作業に集中しすぎて、写真を撮り忘れてしまったのが残念ですが…。

 

 

この一か月はいつもと勝手の違う仕事も多く、いろいろな面で改めて考えさせられることが多かった気がします。

 

 

 

まずは、納品した家具へのアフターサービスについて。

 

数年前に納品したお客様が、引っ越しをされることになり、家具の取り外しと新居への取り付けをさせていただきました。

 

もちろんできないことではないのですが、あまりにもキッチリとつけすぎて取り外しにかなり苦労しました。

 

オーダー家具は売って終わりという商売ではないので、このようなお客様の生活の変化にも対応できるように、様々な状況を想定しなければいけないのだなと、改めて感じております。

 

 

 

次に、コストの問題。

 

イレギュラーな仕事が入ったので、普段あまりお願いしない職人さんにも協力して頂いたのですが、私の感覚よりも相当人件費がかかってしまい、大赤字になりそうな現場が1件あります。

 

オーダー家具は職人さんの手作業で製作するものなので、丁寧に家具作りをしていただいた職人さんには、それ相応の対価を支払うべきだとは考えていますが、それはあくまで予算内でのこと。

 

技術力も製作スピードもコストに対する考え方も、みんな違いますので、お金の部分ではなかなか思い通りにいかないことが多いのですが、利益が出せない仕事は、自分も職人さんも、そしてお客様も誰も得をしません。

 

今後の家具作りをどう進めていくのかを改めて考えさせられる出来事でした。

 

 

 

そして、最後にお客様のちょっとした一言から。

 

ある日、お電話で「ショールームは有りますか?」とお問い合わせをいただいたのですが、K'S FURNITUREはショールームを持たずに運営しているため、その旨を伝えると「そうですか…。」と残念そうに電話を切られたお客様がおりました。

 

もちろん、このようなお問い合わせは初めてではないので、いつもであれば事務所でのご相談をご案内したり、無料で出張相談していることを伝えたり、何かしらご提案をさせていただくのですが、この日はなんだか自分自身もあっさりと電話を切ってしまい、お客様に大変失礼な対応をしてしまいました。

 

 

最近になってショールームの必要性を感じ始めていたタイミングで、そのような反応があり、今後の運営方法を考えさせられました。

 

 

他にもいろいろあったのですが、そろそろ何か根本的な部分から変えていく必要があるのかもしれません。

 

とりあえず、今日は一息つきたいと思います。

 

 

K'S FURNITURE 佐久間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント